山形県農業会議のホームページです。農業全般に関わる幅広い情報を発信しています。

シニア世代の新規就農に向けた農業研修支援事業募集について

シニア世代の新規就農に向けた農業研修支援事業の募集について

令和元年度第1回募集は終了しました。

シニア世代の新規就農希望者に対して行う、研修を助成する「シニア世代の新規就農に向けた農業研修支援事業」に参加する研修機関を募集しています。

応募にあたっての注意点

※応募の前に必ずご確認ください

シニア世代の人材の確保・育成を図る観点から研修の内容を基に総合的に審査を行い、予算の範囲内で採択者を決定するため、要件を満たしていても採択されない場合があります。(募集要領Ⅳ)

募集期間

募集期間研修助成期間
令和元年度第1回令和2年1月28日
~2月18日
正午まで必着
以降は受付不可
※受付は土日祝日を除く
令和2年4月
~最長で12ヶ月

支援内容

研修に対する助成

  • 研修機関がシニア世代の研修生に対し、就農に必要な技術・経営ノウハウ等を習得させるための実践的な研修や外部専門家による研修等に対して助成します。
    ■助成額
    研修生1人当たり 年間最大120万円
    内訳  ①研修指導経費助成   年間最大120万円
    内訳  ②研修実施事務費助成  年間最大12万円

  ①と②の最大額を合計すると計算上は年間120万円を超えますが、
  助成額の最大は年間120万円となります。
■支援対象となる主な経費
①研修指導経費
 ・研修機関の指導者が研修生に対して、就農に必要な指導を行うことへの助成
 ・就農に必要な各種資格取得に向けた講習費、テキスト購入費、受験料、傷害保険料へ
  の助成
 ・研修実施及び資格取得に必要な交通・宿泊費
②研修実施事務費
 ・研修生1人当たり12万円を上限とするが、①の研修指導経費助成と合計して120
  万円を上限とする。
 ・研修実施のために直接必要な経費、募集要領の別表1に掲げるものとする。
■助成期間
 最長1年間

事業参加に当たっての主な要件 (詳細は募集要領を御確認ください)

  1. 助成対象期間において、研修生1人当たり年間50時間以上の研修を行うこと。
  2. 過去の農業就業期間等が5年以内の者で、就業にあたり研修実施が必要であると事業推進委員会が認めた者。
  3. 研修中の事故による怪我等に備えて研修生を傷害保険に加入させるよう努めること。
  4. 研修生が負担する受講料等の費用と本事業による助成が重複しないこと。
  5. 研修の実施について、本研修と重複する国及び地方公共団体による他の助成を受けていないこと。
  6. 研修指導者の親族(3親等以内)でないこと。
  7. 強い就農意欲を有する研修開始時点で50歳以上60歳未満の者。
    研修終了後1年以内に独立・自営就農、親元就農(親族が経営する農業経営体に就農すること。)又は雇用就農する意志があること。
    (研修機関が助成期間終了後に独自研修を行う場合は、本研修と合計して最大2年間とする。)
  8. 研修機関が過去に要件違反等に該当したことにより、本会に返還すべき助成金がないこと。

    ※本事業の応募要件については、募集要領で確認して下さい。

募集要領/申請様式

  PDF版

募集要領  申請様式

  ワード版

募集要領  申請様式


申請先 ・相談窓口

 一般社団法人 山形県農業会議
 〒990-0041 山形市緑町1-9-30 緑町会館内
  TEL.023-622-8716 FAX.023-634-8640
  E-mail:kaigi@yca.or.jp

お問い合わせ

 ■一般社団法人 全国農業会議所
 TEL:03-6265-6891 FAX:03-6265-6892

 ■農林水産省 経営局 就農・女性課
 TEL:03-3502-6469 FAX:03-3593-2612

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional