山形県農業会議のホームページです。農業全般に関わる幅広い情報を発信しています。

平成29年度田畑売買価格に関する調査結果_農地売買価格の状況

農地売買価格の状況

地域別の変動状況(中田の場合)

10aあたり(千円)

年 度平成29年度平成28年度増減額対前年比
農用地区域内県平均593605▲ 1298.0%
西村山地区757768▲ 1198.5%
北村山地区520525▲ 599.0%
最上地区605637▲ 3295.0%
東置賜地区614627▲ 1397.9%
西置賜地区356358▲ 299.6%
田川地区712712▲ 099.9%
飽海地区700758▲ 5892.3%
農用地区域外県平均791802▲ 1198.6%
西村山地区1,0621,090▲ 2897.4%
北村山地区737754▲ 1797.8%
最上地区4504500100.0%
東置賜地区925938▲ 1398.6%
西置賜地区54551827105.3%
田川地区6856850100.0%
飽海地区700758▲ 5892.3%

地域別の変動状況(中畑の場合)

10aあたり(千円)

年 度平成29年度平成28年度増減額対前年比
農用地区域内県平均316324▲ 897.7%
西村山地区4514483100.6%
北村山地区384390▲ 698.5%
最上地区194200▲ 697.0%
東置賜地区296303▲ 797.8%
西置賜地区205210▲ 597.6%
田川地区379379▲ 0100.0%
飽海地区283358▲ 7579.1%
農用地区域外県平均565576▲ 1198.0%
西村山地区926950▲ 2497.5%
北村山地区671683▲ 1298.3%
最上地区7580▲ 593.8%
東置賜地区481507▲ 2694.9%
西置賜地区39236626107.2%
田川地区328328▲ 199.8%
飽海地区283358▲ 7579.1%

 中田の値動きについて、上昇しているとした地区は3、横ばいは106、下落は25となった。
中畑の値動きについて、上昇しているとした地区は4、横ばいは107、下落は23となった。

[上昇の要因]
 中田で「上昇」しているとした地区は3地区で、「農業経営の規模拡大意欲が強いため」「農業収益が増加・安定しているため」であった。
 中畑で「上昇」しているとしたのは4地区で、その理由は「売買実例」2地区、「農業収益が増加・安定しているため」、「農地は売らないものという意識が強く、売りに出される農地が少ないため」であった。

[横ばいの要因]
 中田は、「米価など農産物価格が低い(不安定)ため」が一番多く、60%を占めている。次いで、「農地の買い手が少ないまたは買い控えのため」(20%)が続いている。
 中畑では、「農地の買い手が少ないまたは買い控えのため」が一番多く、46%を占めている。次いで、「米価など農産物価格が低い(不安定)ため」(17%)が続いている。

[下降の要因]
 中田は、「米価など農産物価格が低い(不安定)ため」が一番多く、44%を占めている。次いで、「農地の買い手が少ないまたは買い控えのため」(40%)が続いている。
 中畑は、「農地の買い手が少ないまたは買い控えのため」が一番多く、70%を占めている。次いで、米価など農産物価格が低い(不安定)ため」(13%)が続いている。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional