山形県農業会議のホームページです。農業全般に関わる幅広い情報を発信しています。

農地政策について

農地について

農地利用の最適化について

平成28年4月1日に改正農業委員会法が施行され、農業委員会は、従前の法令業務に加え「農地利用の最適化」が必須事務となりました。「農地利用の最適化」とは、①担い手への農地利用の集積・集約化、②遊休農地の発生防止・解消、③新規参入の促進の3つです。農業委員会は、各関連機関と協力・連携しながら上記について取り組んでいくこととなります。

やまがた”地域の農地を活かし、担い手を応援する”活動について

令和元年5月に「農地中間管理事業の推進に関する法律等の一部を改正する法律」が成立し、農業委員会に関しては、農地所有者等の意向把握や集落での話し合い推進といった「農地利用最適化」の取り組みが明確化・重点化されました。
県内35市町村農業委員会と山形県農業会議では、地域農業の持続的な発展と県内の農地集積・集約を推進するため、「やまがた”地域の農地を活かし、担い手を応援する”活動」に鋭意取り組んでいます。

農地転用について

農地を農地以外にするとき(農地転用)は、農地法の許可が必要です。
許可要件は、農地の条件によって異なりますので、詳しくは市町村農業委員会までお問い合わせください。

農地転用

図.農地転用許可等の事務の流れ(全国農業図書「農地転用許可制度マニュアル」より)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional